a big fish in a small pond

ロードバイク、rails 、料理、写真、ガシェットでお送りします。

MacBook Air 11インチ欲しいと始める2011年

あけましておめでとうございます。今年は「やり遂げ成果を残した年」だったと、2011年の大晦日で振り返れるように邁進していく所存です。
さて、そんな目標を掲げながらも新年1発目のエントリーはこちら。
MacBook Air 11インチ欲しい!

http://d.hatena.ne.jp/keyword/MacBook%20Air%2011%A5%A4%A5%F3%A5%C1%CD%DF%A4%B7%A4%A4%A1%AA
どうも標題のエントリーを書くだけでMacBook Air11がもれなく当たるかも、という販促に乗りつつ、今年6月に控えているメインマシン新調に向けた情報の整理をしたいと思います。

今使っているマシンはMacBook白(MA700J/A:私はアマチュアと呼んでいる)。macbookインテル・ハイッテルになってからの2代目。2006年末にリリースされたモデルで2007年に買ったから早4年。

このアマチュアは2LDKしかない我が家において、13.3インチというのは絶妙なサイズを持ち、その部分は満足しているのだが、
1.ポリカーボネート素材はどうも熱がこもり易いのかファンが動き出すと止まらない廃熱難
2.HDDが遅く、BiND for WebLifeなどのアプリの立ち上がりが遅いHDDの性能難
3.たまに近所のケンタで集中して作業をしようとモバイルした際、残量70%を切るや否や、さっさと力つきるバッテリーの劣化
4.高負荷処理をした際のモッサリ感。機体としての性能が現行モデルと比べて相対的に低下
5.中古で所有して4年が経ち、勤続疲労による故障のリスク
以上の5つに不満を抱えている事が分かりました。

まず、天文学的な確率ではありますが、MacBook Air11が当たった際、5つの問題がどうなるかを検証してみます。
1.廃熱難:本体素材がアルミになり、改善が期待できる。
2.HDD性能難:磁気ディスクからフラッシュストレージへと2階級特進。改善がかなり期待できる。
3.バッテリー劣化:新品になるだけでOKであるのに、11インチのPCなのでモバイルする事を前提としたバッテリー設計。改善がかなり期待できる。
4.性能低下:Core 2 Duo T7200 2.0GHzからCore 2 Duo1.4GHzへとCPUの見かけの数字は劣化するも、PCの性能は構成するすべてのパーツの総合力だと考えているので、HDDは磁気ディスクからフラッシュストレージへ。メモリもDDR2 PC2-5300からPC3-8500へ。グラフィックもIntel GMA950(64M)からNvidia GeForce 320M(256M)へ。改善が期待できる。
5.故障リスク:新品になるため、こちらも改善がかなり期待できる。

見事に改善は星5つ。これは期待してしまいますね(笑)。
もし当たれば、仕事の行き帰りにRubyの勉強と実践に自分用として使うか、7年前のSONY VAIOnoteで我慢してもらっている妻への贈り物にしようかと。
駄目であれば積み立ててきたお金でMacBook Proデビューになるでしょう...


P1180854_S
(8ヶ月を迎えました)お座りは安定せずも、たっちの練習。