a big fish in a small pond

ロードバイク、rails 、料理、写真、ガシェットでお送りします。

狙った恋の落し方(非誠勿擾)を見る

レットクリフの興行成績を抜いた、中国映画興行成績1位の
狙った恋の落し方(非誠勿擾)が本日、日本国内では北海道が先行上映初日でした。
中国の北海道観光ブームのトリガーとなった映画ですので、是非と思い封切を見てきました。

ストーリーは

秦奮(チン・フェン)は天才的な発明品を投機資産家に売ったことで、一晩で大金持ちになった。そして、適齢期で独身の秦はそれを元手に「理想の妻」を探す旅に漕ぎ出す。お見合いを通して、様々な背景を持っている人々や、考え方も違う人々に会ううちに、秦には喜劇的な面や悲劇的な面といった人間の様々な面が見え始める。

※オフィシャルHPより引用。
実は封切り時間に間に合わず、導入部分が分からないまま見ていたのですが、「四川大地震で沈む国民に、笑える映画を提供したかった」という馮小剛監督の言葉通り、主人公(葛優)は婚活サイトに登録した後、様々なお見合いを繰り返して度に散りばめられた笑いに私は素直に反応しました。同じ列の中年のお客さんはゲラゲラ笑っていました。

ゲイの男性、お墓の営業、少数民族、未亡人と様々なお見合いの後、紆余曲折を経て不倫相手に未練を残すキャビンアテンダントの女性(舒淇)と北海道の道東を旅します。網走の北浜駅から斜里町、知床、摩周湖、阿寒湖、厚岸の国泰寺、大空町の丘陵地帯。そして網走の能取岬と道東をスバルのLegacy Outbackを駆る主人公の友人(宇崎逸聡)と共に巡る様は、お、ここ知ってる!、うーん知らないなぁ、と一喜一憂、また、このような景色を中国の方々は見ているのだなぁと勉強にもなります。

これも引用なんですが

派手なアクションも強引な笑いへの誘導もない。クスッと笑わせるロードムービーは、上品な仕上がり。
http://www.northstyle.jp/features/detail.asp?id=13

これがうまくこの作品を表現していると思います。

中国ではレットクリフを超えている位なので、影響力は相応。中国のLegacy(力狮)のCMに、ショートムービーで当作品の後日談が登場していますね。

http://www.subaru-china.cn/aboutsubaru/entertainment/legacy_NetTV.html