a big fish in a small pond

ロードバイク、rails 、料理、写真、ガシェットでお送りします。

札幌南 vs 駒大苫小牧 秋季北海道高校野球大会


奥にいらっしゃるジャンパーを監督さんは、コマトマV1時代のキャプテン佐々木さんです。
今日は天気も良く、野球日和でしたので近所の球場で高校野球を朝から観戦しにいきました。
第一試合は、札幌南vs駒大苫小牧という人気チーム同士の試合。第二試合は駒大岩見沢vs北照事実上の決勝戦です。
円山球場は本日外野席を解放していなかったので、内野席は生徒応援席を除いて満員。通路座りの客もちらほら。
結果、札幌南が駒大苫小牧を6-3で下して勝利しました。素人の私ですが観戦していて

  • 駒苫先発今崎はストライク入らず、四球でランナー溜めて、カウント悪い所でボール置きにいって痛打。前の試合も7失点。今日も3失点で2回も持たず。
  • 2番手落合はカーブが有効。凡打させたりカウント整えたりと良かった。強豪チームのピッチャーらしい感じがした。
  • 札南先発原口は右投手だが、外に逃げるスライダーで要所を締める。
  • 駒苫の守備もイマイチ。2塁、3塁が空っぽになる場面が散見された。
  • 両チームとも下位打線はそれらしい感じだったが、1回だけ札幌南の下位打線がチャンスメークをして上位打線に繋いだ。この辺が点差に出た感じ。
  • 両チームとも教科書通りの野球をやっていた。但し、札幌南はそれがタイムリーにつながったが、駒苫はバント失敗が多すぎた。

まあ、バント失敗が目立ちリズムを作れなかった駒苫と、相手駒苫の守備のミスを見逃さずに4安打4点の札幌南。この差は大きいですね。


ではでは。