a big fish in a small pond

ロードバイク、rails 、料理、写真、ガシェットでお送りします。

唯一食品を求めて-北海道池田町:BOYA FARM 清見シープ- その2

ヨシダです。北海道帯広池田町BOYA FARMその2です。
5月3日に妻とBOYA FARMに向けて札幌を自家用車で出発です。
GW道路事情を考慮し混雑回避の為、06:30と早めの出発にしました。しかし事前調査ですと夕張から日勝峠ルートを使っても4時間程で到着してしまいますので、途中の道の駅に寄りつつスタンプラリーをしながらのんびり向かう計画です。帯広と札幌は意外と近いのですねー。


(スタンプラリーシート)5つ以上スタンプを集めると記念品応募資格が得れるそうですよ。

目指す道の駅は以下の7つ。(写真はオフィシャルからお借りしております。)

1.樹海ロード日高(今回のルート内の重要なトイレスポット)

2.しかおい(ひろびろ駐車場の道の駅)

3.うりまく(乗馬施設が併設されている珍しい道の駅)

4.ピア21しほろ(日本有数のじゃがいもと肉牛の産地らしいメニューがメイン)

5.足寄湖(エーデルケーゼ館というチーズ工房がある湖畔の風光明媚な道の駅)

6.あしょろ銀河ホール21(とある歌手を全面に打ち出した道の駅)

7.ステラほんべつ(ふるさと銀河線本別駅を改修して2009年4月オープンの新しい道の駅)

これらの道の駅を回ってBOYA FARMに向かうと、大体夕方に到着するだろうという予測の元に道の駅を回り始めました。1から3までは順調だったのですが、4をなんとスルーしてブログを書いている今の今まで気づかずじまい...すいませんピア21しほろさん。次に足寄町の5と6ですが、6のあしょろ銀河ホール21は印象深い道の駅でした。駐車場に入ると「果てしないー大空とぉー広ーい大地のぉーその中でぇー」足寄町の住民なら2歳児でも歌える(シープドックショーを展開した足寄町の石田めん羊牧場主、石田さんが仰っておりました。という「大空と大地の中で」が既に鳴り響いている程、地元出身の松山千春を全面に押し出した道の駅です。2階も氏の記念品が展示されている程の徹底ぶりに長距離運転で疲れた小生の心を癒してくれましたハイ。
その後、7にて偶然やっていた北海道開発局のアンケートに答えて道の駅巡り終了!いざ池田町へ。


池田町ではBOYA FARMに直行ではなく、ハッピネスデーリィという有名なアイス屋さんにて一休みです。

(アイス屋さん)混んでますな。ちなみにハッピネスフロマージュというチーズ屋さんも併設。
ハッピネスデーリィはアイス販売窓口が2つあって、2つともアイス品揃えが微妙に異なるのがまた悩ましいですね。
2回こないと満足できない仕掛けがありました。明日も来ましょう。ちなみに行者ニンニクが入ったソーセージバーベキューも美味しかったです。


さて次はいよいよBOYA FARM1日目です。