a big fish in a small pond

ロードバイク、rails 、料理、写真、ガシェットでお送りします。

ちょっと早いけど有馬記念

そろそろ年の瀬も近づいてきており、有馬記念も迫ってきています。

今年は年末は非常に忙しい予定なので、一足早く有馬記念を検討します。

 

今一番、有馬記念の栄冠に近い馬

ラブリーデイ(牡5)

宝塚記念勝利馬は、その時点で有馬記念の栄冠切符を受け取ります。

今年の宝塚記念は条件戦並みのスローペースなので、実力が伴っているかは心配されました。秋の成績が落ちれば、切符は剥奪。ペース関係なく好調が継続すれば切符はそのまま。この馬は後者のようです。(京都大賞典秋天連勝と素晴らしい成績)。

対抗出来る馬

イスラボニータ(牡4)

4歳のG1馬で、有馬に出れそうな1頭。

今年未勝利どころか未連対なのは調子の面から気になりますが、今年は故障で戦線離脱する有力馬が多いので、出走出来るだけでも実力となります。

上記の成績から最近人気が下落気味。但し先行から我慢したり、後方から徐々に押し出して脚を伸ばしたりと有馬に向いている器用さがあり、もしこのまま有馬直行ならばという条件付きで、対抗とします。(JCやマイルCに出ると疲れる...)

穴馬

ショウナンパンドラ(牝4)

春は他馬の後塵を拝してしまうも、超絶スローペースの宝塚記念を最内でゴチャゴチャしながら3着。休養明けのオールカマーを中山長距離を外ブン回して差し切りという横綱相撲。位置取りが(10-10-9-8)と徐々に上げる捲り競馬。これは有馬記念でも通用する乗り方で、有馬記念を良く知る池添騎手(10年で3勝)の手腕が光りました。

秋天は、残り400mまで前が開かず、追い出した左ムチにびっくりしたのか外に外に。

こちらはJCに行くでしょう。その結果次第でしょうか。

もう一歩の馬

ヌーヴォレコルト(牝4)

中山記念を先行抜け出し。オールカマーは最内で窮屈な競馬、空いたスペースを抜け出して勝利...と思いきや、外を回したショウナンパンドラのトップスピードに追いつかず2着。

次走はエリ女でしょう。消耗が少ない後傾ラップになりがちなレースは向いているので、勝って有馬でしょう。

これから評価が分かれる馬

アルゼンチン共和国杯の2頭

ゴールドアクター(牡4)レーヴミストラル(牡3)は、勝ち方次第では連下に食い込みそうですね。

 

次回は扱いに困る馬たちです。