a big fish in a small pond

ロードバイク、rails 、料理、写真、ガシェットでお送りします。

我が家の”とろろ”の作り方

本日はとろろ蕎麦が我が家の晩御飯です。
ありがたい事に実家を通じて親戚から、北海道新得町の乾蕎麦をたくさん頂いているので、定期的に北海道産のヤマイモを買って来ては"とろろ"にして、日高の三石昆布でダシを取り、純国産どころか純北海道産のとろろ蕎麦を楽しむことが出来る。東京にいる方や、海外在住の日本人からすると大変な贅沢です。北海道にいるとそれがわからないのです。これが北海道の弱点だと感じています。


話がずれ始めたので戻して...と。
我が家では"とろろ"を作る際に多少の工夫をします。いや、私が北小路魯山人の本を読んだ際に閃いただけなのです。

(ヤマイモはすり鉢で)おろし金ですりおろすのと比べて、きめこまやかな舌触りになります。

(昆布出汁をとる)水でだします。使用昆布は三石昆布。

(昆布出汁を加える)"とろろ"に風味を加えるために、昆布の出汁を適量加えます。

("とろろ"と出汁を混ぜる)少し空気を取り込んでふんわりさせるためによく混ぜます。

(手間はかかるも)みつばを添えたとろろ蕎麦。ふんわり。


淡白な"とろろ"に昆布の風味が加わった一品です。
ではでは