a big fish in a small pond

ロードバイク、rails 、料理、写真、ガシェットでお送りします。

門別ししゃも祭に出向く

お疲れさまです。今日は北海道でしか取れない柳葉魚(ししゃも)のお祭りがあるので、
朝早く起きて日高町に出向きました。

(試し取り)単焦点レンズPENTAX FA35mm F2ALをオークションで格安で入手。
いつも札幌から高速道路を使って南下する時に使用する休憩所で新しいレンズで試し取り。
やはり明るい単焦点レンズは色が映えます。

大きな地図で見る
(地図)日高町はここ。札幌から100km弱
札幌から距離は離れていますが、高速道路の便が良く1時間少々で日高町に到着です。

会場に到着。沙流川河川敷が会場。
この日は雨は降っていないのですが、ぱっとしない空模様。しかも会場の特性上非常に風が強く体感温度は10度以下。これは長く会場には入れないですね。ししゃもの解禁がこの時期なので仕方はないのですが、ちょっと祭りを楽しめるコンディションとは言いにくいです。

(会場大行列)先着500名様に、ししゃも10尾500円の整理券がもらえるのです
これが今回の目玉でしょうか。通常800円位するししゃもが500円で購入出来る整理券に、一時間前でも長蛇の列です。

(バーベキュー設備)出店で買ったししゃもを、その場で焼いて食べれるみたいです
強い風さえ無ければ、我々も食べていきたかったのですが、何せ河川敷ですので風が強くてなんとも。

(客寄せししゃも)実際もこのようにすだれ式に干されて製品化されます。


(寒いのでつみれ汁)ホッケのつみれ汁という珍しい一品。
寒すぎるので会場で温かいものを食べたいと思って見つけたのがこれ。ホッケってスケトウダラとかと違ってゲル化性能が低かったような気がするから、こういう団子にはむかないと思っていたのですが。しかしホッケの風味が団子に閉じ込められていて、口に入れると風味がじんわりしみ出てくる一品。

(ワンコも寒そう)いや元気そうか。

(ししゃも接写)本物のししゃもは鱗が大きくはっきりしているのです。
この後、寒くてかなわず鵡川に移動しました。
祭りはこれからが本番なので、入ってくる車の多い事。その中でもBMW5台連続ですれ違うとか、プジョー車が連続して走っているとか、なにかユーザさんのイベントとしても使われているような感じも受けました。観光バスとかも続々と入ってきており、動員数だけみると結構大きなイベントでした。


この続きはまた後日。