a big fish in a small pond

ロードバイク、rails 、料理、写真、ガシェットでお送りします。

今日は日ハム戦を早く帰って見る。

5回から間に合う。

5回表:糸数重圧からか制球を乱す。連続四球、満塁、置きにいった球を打たれる悪循環。坪井の緩慢な守備も流れを悪くする。
5回裏:スレッジ出るもバント失敗。小野寺のフィールディングも良かったので仕方ないか。流れがが悪い。
6回表:さっきから1塁アンパイアのジャッジが辛すぎる。日本にはホームコートアドバンテージは無いのか。糸数の制球は戻りつつ有る。
6回裏:ダルビッシュがベンチ裏からTシャツで現れるも、攻めは単調。これはいかん。
7回表:大ファールにひやっとするも、アンパイアの渋いジャッジに我が家の堪忍の緒も切れる。逆転かと思ったが糸数なんとか踏ん張る。
7回裏:先頭打者が塁に出ない。本当に勝ってるチームの試合なのか疑問に感じるが、シーズン序盤あれだけ調子が悪かった西武継投陣が、今になって踏ん張りが利いてくるとは。スレッジの大飛球を取った赤田はナイスジャンプ。
8回表:ここで糸数から金森にスイッチ。勤続疲労が見られる日ハム継投陣の中では鮮度抜群。なんと中島三球三振に打ち取るとか、おかわりくんを初球手を出させるとか、追い込めば直ぐに勝負に出るとかなかなか。ボール先攻糸数の後だから余計有効だったのか三者凡退。
8回裏:また先頭打者が塁に出ない。しかし坪井がなんとか塁に出る。しかし代走のちょっと前に決勝ズッコケエラーをかました紺田が2塁に進めず。結局凡退。
9回表:金森から武田久ダルビッシュTシャツからユニフォームに着替える。1アウト後にヒット打たれて一発ある石井、内野ゴロでランナー進められるので最後まで分からず。そして代打大崎タイムリーで同点。ダルビッシュせっかくユニフォームに着替えてきたのにがっかりじゃないかな。
9回裏:西武キャッチャー細川は日ハムにとって不利。賢介倒れるもひちょり制球眼を披露して塁に出る。ここで稲葉だが、あれベイリスベンチに帰っちゃった。解説も「両チームが必死に戦っているのに闘争本能に欠ける」激怒。まあ試合が白けてしまったのは確か。稲葉倒れた後、高橋信二の1球目、また1塁アンパイア微妙なスイングを取って大激怒ですよ。そしてカウント悪くして三振。うーむ。
10回表:武田久続投。この回クリーンナップなんだよな西武。昨日の実績からセットアッパー陣では中島とおかわりくんを押さえきれない感が漂うので、いっその事鬼スライダーの先発要員多田野でいいんじゃないか...と思っているうちにランナーおいておかわりくん。あれ、なんか中途半端な三振ゲッツー。一塁の中島も困惑気味で2塁でアウト。なんだこりゃ。
10回裏:相手のキャッチャーが巧者細川なのが気になるが、あれイナダンスのファールで試合中断。さてイナダンスの打撃は...oh!一二塁間破ったじゃないですか。小谷野バントで2塁だが、紺田ですね。はい。簡単に追い込まれてファールフライ。まあ大方の予想通り。そして代打糸井。当然のように敬遠で金子。そして凡打。はあ
11回表:大学時代、亜細亜大学の糸数と神宮で投げ合った早稲田の宮西がマウンド。と思ったら江尻、悪い予感がする。お、でも気負わずに打たせて取ってなんとか。
11回裏:西武は往年の大エース西口。西武の勝負根性が見え隠れする。ここで賢介は打ち取られるもひちょりスリーベースで迎えるは稲葉、しかし敬遠。そして高橋信二だが中途半端な内野フライ。うーん、明日の新聞に「稲田サヨナラ」と載るかと考えるとイナダンスには酷だがちょっと難しい。あ、やっぱり。
12回表:最後の守りは建山がマウンド。下位打線もあってあっさり調理。
12回裏:最終回は先頭打者小谷野が2塁打。一人歩いてピンチバンター飯山がしっかり送って1アウト3塁2塁、そして金子のサヨナラ犠牲フライ!


長かった...