a big fish in a small pond

ロードバイク、rails 、料理、写真、ガシェットでお送りします。

・昼食:我部祖河食堂/本店

本来は古宇利島でうに丼でも食べようと思って車を走らせる。古宇利島周辺は海が綺麗で感動。話に聞くと数年前まで橋がかかっていなかったようです。なるほど、開発や汚染からは距離が置かれていたからこんなに奇麗なのですか。

(この写真は流用ですが)しっかしこんな感じですよ。日本ですかここ

(これも流用ですすいません)http://www.odnsym.com/spot/kouri.html


しかし島に入ると、日曜日なので県民も観光客も何でもござい状態。ただでさえ北海道民には狭く感じる道に、車があふれて大混雑。
車と車のすれ違いが大変。駐車場も全然空かず、それなりに待ったが本当に混雑していたので結局古宇利島を脱出。まあ、うに丼は利尻とか北海道の本場でいいでしょう...がっかり。

気持ちを切り替えターゲットは"ソーキそば"。古宇利島から名護方面へ向かい、国道58号線から県道71号線に進路をとると「我部祖河食堂」なるそば屋さんに到着。ちょうど駐車場も空いていて即ピットイン。なんて読むんだろう、"がぶそが"ですか。

沖縄に到着して3食目、ようやくソーキそばにありつく。あっさり味で良い。ソーキも大きい。満足満足。5年前に食べた那覇のそば屋さんより美味しい気がするし、札幌で食べた沖縄料理居酒屋のそれより断然美味しい!。古宇利島での苦労が吹き飛ぶ味わい。さてオクマに帰ろう。

(がぶそがそば)そばやさんにしては大きな店舗

(これは携帯撮影)お待ちかねのソーキそば。ソーキそば発祥の店の1つのようです。


・昼:オクマプライベートビーチ
最初はのんびりビーチパラソルの下でゴロゴロしながら本でも読んでいたのだが、しばらくした後ビーチならではの遊びをしようと試みる。リゾートなのに「何かしないと症候群」。

(さすがプライベートビーチ)空いていて快適。

(ゆったりのんびり)言う事ありません。

選んだのは"スキービスケット"という、ドーナツ型の浮き輪に2名仰向けにすっぽりはまり、マリンジェットに引っ張られるもの。まあノンビリ系アトラクションと思いきや、かなりのスピードで右へ左へ引っ張られて飛沫で殆ど目が開けられず、マリンジェットの波の上をポンポン弾んで進むので、浮き輪から手を離すと平気でポーンと吹っ飛ぶ、海にドボンの事請け合い。イッツデンジャラス。
かつ浮き輪にはまったお尻が海面と接しているのでかなりの刺激を受け、大いに便意をもよおす副作用も漏れなく付属する危険なアトラクション。コレは知っていれば選択しなかった...妻もボソリと「死ぬかと思った」。

ではまた明日。