a big fish in a small pond

ロードバイク、rails 、料理、写真、ガシェットでお送りします。

生ウニと塩ウニ


こんな生ウニ丼はなかなか贅沢な1品ですが、札幌の場外市場に行けば2,200円程度で、
おかずやデザート、食後の珈琲付きで頂く事ができます。


しかし我が家の嫁は食事途中で「飽きた」という始末。
700円のホッケ定食で我慢している私激怒ですよこれ。
しかしその余ったうに丼を食べてみて...ん?ウニ自体の品質は悪くないのですが、
温かいご飯の上に乗せられた生ウニは、時間と共に熱が移り、どうも味がボケる感じがします。
これは丼ものの宿命ですね。これが理由の1つ。そしてもう1つがコレ。

一昨日、塩蔵ウニを実家より頂き、塩により水分が抜け、旨味が凝縮されていたものばかり食べていたものですから、
生ウニ独特の味わいを少し疑問に感じたようです嫁。まあ、どちらにも良さがありますよ。
個人的には日持ちのする塩蔵ウニを、少しずつチビチビ摘みながらご飯なりお酒なりを頂くのが好みです。
ではでは