空飛ぶIT技術者 中小企業診断士になる

2018年中小企業診断士登録予定のヨシダが、診断士試験と登録、EC導入周りについてお伝えします。

事業継承のブランディングに入る前の問題「現経営者のブランド」の扱い

お疲れ様です。ヨシダです。 事業継承のブランディングでかなりモメた議論したので、その辺をまとめます。 (まだ雪ふる中、熱い議論) 1.事業継承の障壁となる「創業者ブランド」 ジャパネットたかだの高田明氏が「創業者ブランド」を地で行く経営者です。 …

チームの深度の話

ヨシダです。 実務補習の疲れと悔しさから、ここ2日はブラックヨシダになっておりました。 今日はニュートラルなヨシダに戻り、チームの深度の話。 この理論がどの根拠にあるのか理解していないのですが、 指導員の先生がおっしゃった理論が非常に興味深いの…

事業承継のリアルと憂鬱と

ヨシダです。 例えば今日の新聞にこのような記事が載っていた。 www.nikkei.com この新聞は診断士にとって、よく使う勉強ツールにもなっている。 俗にいう春秋要約という手法。現に春秋要約で文章力を鍛えて、合格された方も多々いらっしゃるのだから、人に…

卵は卵だと再認識する「実務補習」

お疲れ様です。ヨシダです 事務補習の1回目が完了しました。 守秘義務があり、詳細が申し上げられないのですが 結果は、上手くいかなかった。0点で消化不良。 提案が拒絶されたが0点の原因。 戦いの姿勢を班員全員で一致団結できなかったのが、消化不良の…

ITストラテジストの次は中小企業診断士をオススメする理由!

ヨシダです。 現在実務補習中です。こんなにキツイとは思っていませんでした。 1.ITストラテジストの上にも3年 2.中小企業診断士は「経験」だけでは受からない。 3.ITストラテジストの思考法は、診断士に共通する! 共通点1:事例企業の問題解決 共通…

ロングラン合格体験記 第3回目 真似真似

ヨシダです。 1.真似始め 1-1.まず大学受験生を真似る。 1-2.某受験予備校のカリキュラムを真似る。 1-3.合格した診断士の勉強方を真似る。 2.当時の勉強記録 2-1.1ヶ月1科目のペースで勉強する。 2-2.独学の弱みを克服する「基礎固め」 2-3.財務の独自の…

実録!中小企業診断士 得点開示請求!

ヨシダです。 数年ぶりにスケートに行ってきました。足が痛いです。 今日は得点開示請求のお知らせ (開始5分で足が痛いです。スケーターの方尊敬します) 1.得点開示請求とは? 中小企業診断士2次の成績は、当初ABCDのランクで示されていたのですが、一発道…

身近にある統計資料(RESAS)でマクロな商圏分析

ヨシダです。 興味がありダッシュボードツールの調査を行っていました。 1.ダッシュボードツールとは 飛行機の高度や速度を示すメータの事です。自家用車の速度やエンジンの回転数を示すメータも「ダッシュボード(計器)」です。 2.活用事例 最近見たのは、日…

ネガティブな合格体験記 第2回目 自堕落モードからの立て直し

ヨシダです。 2016年11月:人との出会い一冊の本と 人:「税理士試験」を続ける方との出会い 本:黒川温泉のドン後藤哲也の「再生の法則」 しかしビジョンは決まらず... 原因:まだ振り子は「ポジティブ」に戻りきらず 対策:まず健康を立て直そうと「手術」…

ネガティブな合格体験記 第1回目 他年度生になってからの堕落

ヨシダです。 2016年8月から10月:自堕落期 自堕落期に取った問題行動 問題行動1:忙しさを理由に、何故落ちたのか分析せず 問題行動2:また移動中に飲酒する駄目おっさんに化ける 問題行動3:来年再チャレンジするか態度を明確にしなかった。 自堕落期の…

中小企業診断士の合格体験記について 少し想うこと

ヨシダです。今日は娘のため雪の滑り台を半日作って両腕が痛いです。 1.結論:長く合格体験記を書いてみよう! 2.なぜロングラン体験記? 3.「内容が無いよう」合格体験記になる原因 ・客観的ではない ・俯瞰的ではない ・独自性がない 4.ではどうすれば「内…

アサヒビールグループ診断士の会の挑戦

ヨシダです。 今日は読書レビュー(4冊目/19日経過) 去年の湯島天神の絵馬の写真、すごい量です。流石学問の神様を祀る神社です。 (絵馬掛所が金属製です...相当のプレッシャーに耐えているのでしょう) 4.アサヒビールグループ診断士の会の挑戦(著者:アサ…

情報処理技術者資格は診断士試験

ヨシダです。 今日は情報処理技術者資格と中小企業診断士の関係について 1.経営情報が免除になる 2.試験慣れが「独学」の道を拓く 3.試験会場で精神的な優位性を保てる 1.経営情報が免除になる 応用情報処理技術者以上を持っていると、経営情報が免除になる…

診断士試験勉強でハマった時には「要素分解」

ヨシダです。 今日は、中小企業診断士の勉強における「要素分解」の話について 1.要素分解の傾向 2.中小企業診断士試験は「要素分解」が試される試験 3.試験勉強中、何が分からないのか明確にするのが「要素分解」 4.結論 (ジンギスカン食べたくなってきまし…

診断士合格者が考える LINE@のビジネス活用

ヨシダです。 クライアントのマーケ方針の1つの解として、LINE@にたどり着いたので、 ITの、特にEC側の専門家としてLINE@について調べてみました。 (なんか胡散臭いニャ...ネコも訝しげです) 1.本記事の注意点 ・本資料は2018年1月段階です。 LINEのプラ…

先週読んだ3冊(3/100)

1.小さな会社の稼ぐ技術(著者:栢野 克己) 2.1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書(著者:山崎 拓巳) 3.ホントの!アンケート調査-お客様のホンネを見抜く(著者:浅野 紀夫) ヨシダです。先日スキーに行っていきました。 今日は本の…

中小企業のCRM導入に関する一考察

ヨシダです。 今週のお題「体調管理」 ずばり、鼻うがいです。ウイルスを鼻と喉から除去できますから。 毎日朝晩やっています。 (昨秋、二次試験追い込みを掛けていた時の図書館からの風景。この時は色が薄くみえた...) 今日は中小のCRM導入に対して一考察。…

診断士(登録予定)がAIスピーカーから紐解く3つの事

ヨシダです。今週は空を飛んでいました。 AIスピーカーから見える今年の傾向について、自分なりに記すことにします。 ・[消費者として]:AIスピーカを買う前によく考えるべき。 ・[IT業界のビジネスパーソン]:スマホアプリ開発者が大移動を掛けている。 ・[…

経済産業省「IT補助金の状況及び課題について」を読んで

中小企業診断士合格のヨシダです。 中小企業診断士登録に必要な実務補習にむけて、中小企業向けのIT導入補助金制度の実態資料を読んでいます。http://www.chusho.meti.go.jp/…/sm…/2017/170329smartsme05.pdf 1.注目ポイントは「大企業と中小企業の生産性…

ブログ再開と診断士と

2018年になりました。ヨシダです。今年も宜しくお願いします。 去年を振り返れば蓄膿の手術から中小企業診断士合格と慌ただしい1年でした。 今年は、まず中小企業診断士合格者として、ブログを再開しようと考えています。 (ご挨拶するワンちゃん。尚、北海…

携帯端末2台持ち日記その1(いざ検討)

国家元首にも狙われる「ケータイ料金」の高さ president.jp 電波のインフラを維持するという使命を持つのは大手携帯会社である事は理解出来ます。 しかし純利益でこれだけの利益が出ている部分が懐が甘いです。 営業利益、ドコモが初の3位転落 携帯大手決算…

会員統合(顧客統合)について(後編)

CRM

会員統合の後編です。 前回は会員情報の分類分け7種と、4つの統合ルールを説明しました。 後編は、分類7種と4つの統合ルールの紐付けを解説いたします。 結論 1.基本情報:イ.選択 2.拡張情報:イ.選択 3.従属情報:ロ.付替 or 二.対象外 4.履歴情報…

会員統合(顧客統合)について(中編)

CRM

会員統合の中編です。 前回はECシステムの会員統合は、ユーザに任せるとの話をしました。 ただし、ある程度システムでルールを定めて、自動的に会員の情報を統合する事も出てくると考えます。 中編では、会員情報の分類分けと、統合ルールの整理を行います。…

会員統合(顧客統合)について(前編)

CRM

CRMを導入する企業だけではなく、システムを更新しようとする企業について悩みの種となるのが、複数のシステムにある複数の会員情報、顧客情報ではないでしょうか。 私は結論として「会員統合は、統合ルールを定めて、顧客に任せる仕組みづくりが必要」と考…

ちょっと早いけど有馬記念4

本命馬 キタサンブラック(牡3) 前はラブリーデイが最も有馬戴冠に最も近いと書きましたが、今回はこの馬。 JCに出た馬達より、余裕を持って調整できる立場にいるのは有利なポイント。 この馬、一度も1番人気を背負った事がありません。心配材料ですが、…

ウェブ行動分析について

CRM

web行動分析とは 例えば私の場合、 家を買います調べます...あれ、広告タマホームばっかり。 オニツカタイガーwebで買います...あれ、もう買ったのにまた広告。そんな立て続けに買わないよお金ないし。 何故だ、何故か追われている気がする、と思う事があり…

インサイトケイパビリティとは

最近読んだ本で盛んに出てくる言葉だったので、興味が出てきた「インサイトケイパビリティ」。 ケイパビリティ - Wikipedia ケイパビリティ(capability)とは経営学用語の一つ。これは企業が持つ、全体的な組織的能力、あるいは企業が得意とする組織的能力…

オニツカタイガーで雪道に対応できるタイプを探す

www.onitsukatiger.com オニツカタイガーは私のお気に入りのブランドの1つ。 機能や耐久性をしっかりと備えて70-80年代のデザイン性を持つ。 今日横浜ビブレのショップに行ったのだが、香港かフィリピンの観光客で店の中がギュウギュウ(英語を話していたの…

books review 8/100 CRM-顧客はそこにいる(東洋経済新報社)その2(3章から5章)

CRM―顧客はそこにいる (Best solution) 作者: 村山徹,三谷宏治,アクセンチュア,CRMグループ,戦略グループ 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2001/07 メディア: 単行本 購入: 5人 クリック: 39回 この商品を含むブログ (16件) を見る 昨日に引き続き…

books review 8/100 CRM-顧客はそこにいる(東洋経済新報社)その1(2章:見る 創る 考える力)

CRM―顧客はそこにいる (Best solution) 作者: 村山徹,三谷宏治,アクセンチュア,CRMグループ,戦略グループ 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2001/07 メディア: 単行本 購入: 5人 クリック: 39回 この商品を含むブログ (16件) を見る CRMとは視点であ…